「クリエイターと法務の谷間」を解消し、
その架け橋となることで、
クリエイターが安心して活動できる環境を作り、
社会における新たな価値創造に貢献したい。

運営弁護士紹介

田島佑規
田島 佑規/Tajima Yuki

弁護士/第二東京弁護士会(骨董通り法律事務所
アート、演劇・ライブイベント、映像制作、出版、デザイン等の分野において、大手企業・公的機関から個人クリエイターまでを対象として、企画・制作、権利処理、契約交渉等に関する幅広いサポートを行う。
芸術文化観光専門職大学非常勤講師、文化庁EPAD(緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化)事業権利処理チーフ一般社団法人緊急事態舞台芸術ネットワーク事務局などを務める。共著として「エンタテインメント法実務」、「はじめての演劇」、「新たなライブエンタテインメントに関する課題調査報告書」(共同執筆)など。
趣味が高じて弁護士としてクリエイティブ産業の発展に寄与したいと考え当サイトの開設を企画。

宇根駿人
宇根 駿人/Une Hayato

弁護士/第二東京弁護士会(大道寺法律事務所)
企業に対するインハウスサポートや、クリエイターなどのフリーランス保護法制に関心を有する。京都大学法科大学院非常勤講師。「シェアリングエコノミー業界からみるフリーランスガイドライン」(公正取引協会・公正取引No.849・2021年)ほか執筆。
映像系のクリエイティブやキャラクターが好きであり、そのサポートをできればという想いから当サイトを共同開設。

クリエイティブ担当

有柚まさき
有柚 まさき/Ayuzu Masaki WEB

広告漫画家、デザイナー/フリーランス
企画から作る広告漫画制作を得意とする。 『TBS系番組内イラスト』『書籍:隠れ大阪人の見つけ方』『学校系DM』など制作
自身もトラブルにあった経緯から、クリエイターが仕事しやすい世界を目指し漫画での啓蒙やセミナー活動も行う。
デザイナー法務小僧ではロゴとWEB制作に始まりVIやクリエイティブ全般に携わる。
※法務相談には携わりません

開設の思い

インターネットの発達により一瞬で全世界の人が繋がり、かつ、情報へのアクセスが極めて容易となった現代において、私たちの置かれた環境は大きく変容し、新たな人間関係やビジネスが生まれています。
こうした流れはクリエイティブ業界においても例外ではなく、従来は作品やコンテンツの受け手であった人々が、クリエイターとしてフリーランス又は副業的に活動することも少なくありません。 今では多くの人々が、インターネットを通じて積極的に情報発信や資金調達を行い、クライアントやファンに直接それぞれの作品等を届けています。
このように、クリエイターが自由に直接クライアントやファンに作品を届けられるようになったことは非常に歓迎すべきことです。しかし、直接作品を届けられることで、従来、クリエイターと受け手との間で、法務といわれる業務(利用規約やルールの整備、契約書・見積書の作成、作品や流通過程におけるリーガルチェック等)を行っていた広告代理店や出版社といった企業が介在しなくなったため、誰からもリーガルチェックが行われないまま、作品が世にでてしまうという新たな問題も生じています。

インターネット登場以前においては、仮にリーガルチェックがおろそかでも、実際に問題となることは少なかったかもしれません。しかし、ひとたび作品が発表されればインターネットやSNSを通じて全世界の人が作品を目にする現代においては、ネット世論による炎上リスクが高く、時にはクリエイター生命に関わる問題に発展するおそれもあります。
こうした事態を事前に防ぐためにも、クリエイターが気軽にリーガルサポートを得られる環境を整えることや、クリエイター自らが最低限のリーガルリテラシーを身につける必要があるのではないかと思います。
もっとも、クリエイターのうち法務に自信がある人はおそらく少数であり、法務といった面倒な作業は外注してしまいたいという事情や、潤沢な資金のある企業とは異なり、法務対策にお金をかけられないという事情があることも事実です。

このように、現代は有史以来、最もクリエイターにリーガルリテラシーが必要といえる時代であるにもかかわらず、従来の法務のあり方ではクリエイターが十分なリーガルサポートを受けられる環境ではないという問題、いわば、「クリエイターと法務の谷間」とでも言うべき問題が生じています。
我々は、法の専門家である弁護士として、こうした現代のクリエイティブ業界を取り巻く「クリエイターと法務の谷間」を少しでも解消し、その架け橋となることで、クリエイターが安心して活動できる環境を作り、社会における新たな価値創造に貢献したいと思っています。
そこで、こうした思いを実現するための一つの試験的な取り組みとして、当サイトを立ち上げました。

当サイトを通じて、

①法律や契約といった法務知識が全くないクリエイターの方のため、簡単にリーガルリテラシーを得られるコンテンツを制作し発信する
②「クリエイターに必要な法務」をテーマにしたイベント・セミナーを定期的に開催する
③クリエイターが弁護士をより身近に感じられるような機会を作る
④困った時に気軽に弁護士にアクセスできる機会を提供するため、無料相談窓口を設置する

といった活動を行うことを予定しています。

「クリエイターと法務の谷間」を解消し、その架け橋となりたいという我々の思いが実現するかは今後の我々の努力次第ですが、今後、当サイトのサービスや「デザイナー法務小僧」というアイコンを通じて、様々なクリエイター・他業種の方々と関わりながら、
「デザイナー法務小僧」をクリエイターの皆様にとっての新たなリーガルサポートの形として成長させていければと考えております。
まだまだ「小僧」の当サイトですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年 3月
デザイナー法務小僧運営弁護士:田島 佑規、同:宇根 駿人

お問合せ窓口